霞門法律事務所社外法律相談窓口

霞門法律事務所社外法律相談窓口(KEAP)とは?

EAP(Employee Assistance Program)とは、従業員の生産性に影響を与える問題の解決を支援し、職場における従業員のパフォーマンスを向上させるプログラムです。
本EAPは、会社と当事務所との間のEAP委託業務契約に基づき、当該会社の従業員が抱える個人的な法律問題につき,当事務所の弁護士が無料で法律相談を行うというサービスです(本EAPのことを、「EAP」に霞門(かもん)法律事務所の頭文字「K」を足し、「KEAP(キープ)」といいます。)。
相談の対象となるものは、仕事外の個人的な法律問題、たとえば、夫婦関係、交通事故、金銭トラブル、刑事事件などです。なお、会社関係の問題(労使関係や残業代の請求など)については相談対象外です。

霞門法律事務所社外法律相談窓口(KEAP)簡略図

メリット

相談対象


予約方法について

法律相談の予約は、電話、FAX、Eメールで行い、FAX及びEメールは24時間受け付けております。
また、法律相談の実施日時は、相談者と担当弁護士との協議により決定しますが、休日や午後6時以降の相談についても、できる限り柔軟に対応いたします。
なお、当事務所から企業に対し、相談者の氏名及び相談内容を報告することはありませんので、相談者のプライバシーは厳守されます。


KEAP契約のお問い合わせはこちら

● お電話でのお問い合わせ

【お問い合わせ電話番号】
TEL:03-5501-3681

顧問契約についてのお問い合わせはこちらの電話にて承ります。なお、法律相談の電話には対応できかねますので、ご了承ください。

● メールでのお問い合わせ

お申込みフォームに必要事項をご記載のうえ、メールを送信してください。担当者より連絡をいたします。混雑状況によっては、数日間をいただくことがあります。なお、法律相談のメールには、返信いたしかねますので、ご了承ください。

お問い合わせメールフォームはこちら

業務委託料は月額1万500円からご相談に応じます。
ただ今お試し期間中ですので,お気軽にお問い合わせ下さい。